おすすめ記事:【2023年振り返り】本当は教えたくない絶品グルメ16選!本気で美味しいと思ったごはんもスイーツも満載【ここクリックで開きます】

ほろシュワ新食感がたまらない!行列のできる生ラムネを買ってきた☆【名古屋駅限定】

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
ぴょんた

見て!この写真

うさちゃん

紙袋もお店もすごくかわいいね♡
どこのお店?

ぴょんた

でしょー♪
先日名古屋駅に行く機会があって、可愛すぎて気になっていた『THE RAMUNE LOVERS(ザ・ラムネラバーズ)』に行ってきたの!
名古屋駅限定の『生ラムネ』のお店だよー

うさちゃん

よかったね!!
ぴょんた、限定に弱いもんね……。

目次

生ラムネってどんなお菓子?

生ラムネの生とは?

一般的なラムネは、乾燥させて保存性を高めて作るそうです。

生ラムネは、乾燥前の水分を含んだ状態に手間を加えることで、柔らかな新食感とジューシーなラムネに仕上がるそうです。

『手間』の部分がきっと企業秘密で重要ポイントなのでしょう!

いろいろなフレーバー

フレーバーは、年中売っている定番や季節限定、店舗販売限定など様々な生ラムネが売っています。

写真の箱は、1種類のフレーバーが40g入っているもの。

その他にも、5種類を少しずつ詰めた『アソートボックス』もあります。

1粒の大きさに結構ばらつきがありますが、1粒が大体1.2gだったので、40gには33粒くらい入っている計算になります。

私が行ったときは、以下のフレーバーがありました。

生ラムネのフレーバー
  • ハニーレモネード
  • メロンクリームソーダ
  • グレープカシス
  • ストロベリー&ベリー
  • シャインマスカット
  • ピンクグレープフルーツ(夏限定)
  • 夏限定フレーバーアソートボックス
    (ピーチヨーグルト、ゴールデンパイン、レモンソーダ、クラフトコーラ)

たくさんあって迷っちゃいました。

どれもおいしそう&箱が可愛すぎる♡♡♡

食べてみた!

アソートボックス(小)¥1,620

口に入れるとほろシュワっとなくなってしまう新食感、それでいて味が濃くジューシーです。

なにこれ、おいしすぎる!!!!これが生かぁ♡

クッピーラムネと比べると、まわりがコーティングされており、かじったときの硬さがありません

今回買ったのは、アソートボックスですが、どれも味が濃くて香りが高く絶品でした。

私の一番のお気に入りは『ストロベリー&ベリー』です。

甘いだけではなく、酸っぱさが爽やかなアクセントとなり、あっという間になくなっちゃうくらいとても美味しかったです。

日持ち・カロリーは?

どのフレーバーもカロリーは、1袋あたり約65kcalです。

賞味期限は、約1か月です

口コミは?

THE RAMUNE LOVERS(ザ・ラムネラバーズ)ってどんなお店?

カクダイ製菓の新ブランド

ラムネといえば、駄菓子屋さんでよく見かける『クッピーラムネ』はご存じですよね

引用元:カクダイ製菓

カラフルで小さいビジュアルと、シュワっと溶ける食感が大好きで、小さいころよく買ってもらっていました。

『THE RAMUNE LOVERS』は、クッピーラムネを製造しているカクダイ製菓さんが、地元名古屋にオープンした新ブランドです。

「ラムネの持っている新たなおいしさ、楽しさを、もっともっと、たくさんの人に届けたい」という気持ちを元に、おどろきあふれるフレーバーの数々をお届けしています。ブランド名の「THE RAMUNE LOVERS」は、ラムネ一筋のカクダイ製菓だからこそできるラムネを広める活動のようなメッセージをそのままネーミングに。日常の生活でちょっとした贅沢を手軽に楽しみたい方に、お楽しみいただけるようなラインアップを揃えております。

引用元:THE RAMUNE LOVERS

アクセス・営業時間など

THE RAMUNE LOVERS(ザ・ラムネラバーズ)の情報
  • アクセス:名古屋駅構外 ジェイアール名古屋タカシマヤ 1階 デリシャスコート内 
  • 営業時間:午前10時〜午後8時

通販でも買える

THE RAMUNE LOVERS(ザ・ラムネラバーズ)の公式サイトからお取り寄せできます。

まとめ

THE RAMUNE LOVERS(ザ・ラムネラバーズ)の生ラムネは、一般的なラムネに比べればお高めですが、食べたことのない新食感・フレーバーで、ぜひ食べてほしい絶品スイーツです。

パッケージが可愛いので、プレゼントにも最適です。

お店もかわいいので、名古屋駅に行く機会があれば、ぜひ寄ってみてください♡

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次